仲介手数料【ちゅうかいてすうりょう】



仲介手数料とは、宅建業者に不動産取引の仲介(媒介)をしてもらったときに支払う報酬のことをいいます。
宅建業者以外が、仲介手数料を請求するのは違法です。
報酬額は、国土交通大臣が定めていて、宅建業者はその定めを超えて報酬を受けることはできません。また、宅建業者は、報酬額の定めを事務所の見やすい場所に掲示しなければならないことになっています。国土交通大臣の定める報酬額は、以下の通りです。
取引額を3分割して、1円~200万円の部分は売買金額の5パーセントとその消費税、200万円~400万円の部分は売買金額の4パーセントとその消費税、400万円を超える部分は売買金額の3パーセントとその消費税、という計算方法によって算出された額の合計額です。例えば、1000万円の取引であれば、200万円×5パーセント×105パーセント+200万円×4パーセント×105パーセント+600万円×3パーセント×105パーセントとなり、合わせて、37万8000円となります。400万円以上であれば、(取引額×3パーセント+6万円)×105パーセントという簡易な計算ができます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 大阪 デザイナー
  • 千葉 一戸建て
  • 福岡 一戸建て
  • 裾野 デザイナーズ住宅
  • SUB MENU

    おすすめサイト